疾患について

疾患について

糖尿病 脂質異常症 痛風
肥満 高血圧症 禁煙
老年内科 骨粗鬆症 老人の心理

糖尿病について

注射
血液中のブドウ糖(血糖)の過剰な状態が、持続して、下がらない病気を糖尿病といいます。

膵臓からインスリンという血中のブドウ糖を下げるホルモンが出ているのですが、これが出にくくなり、血糖が下がらなくなる病気です。食べすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足が原因になる2型糖尿病と、1型糖尿病があります。

適度な食事と、運動で軽症のうちは改善することがありますが、重症になると、血糖を下げる薬や、インスリンの効きをよくする薬を飲まなくてはなりません。

さらに重症になると、インスリンを直接皮下に、注射しなくてはいけなくなる患者様もおられます。
さらに、高血糖状態を放置して治療しないでいると、合併症が進行します。主な合併症には、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。

脂質異常症(高脂血症)について

血中のコレステロールや、中性脂肪の過剰な病気です。
食べすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足が原因になることが多いです。適度な運動と、食事カロリー制限が必要です。

薬の内服が有効です。放置すると、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)の原因となる、動脈硬化の進行をすすめます。

痛風について

血中の尿酸が、過剰になる病気です。食べすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足が原因になることが多いです。
適度な運動と、食事カロリー制限が必要です。薬の内服が有効です。放置すると、動脈硬化の進行をすすめます。

肥満について

体重が、過剰になる病気です。食べすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足が原因になることが多いです。
適度な運動と、食事カロリー制限が必要です。肥満は、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風の原因となりやすく、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)の原因となる、動脈硬化の進行をすすめます。

高血圧症について

血圧が、過剰に、上昇し、下がらなくなる病気です。動脈硬化が原因であることも多いです。塩分を控えめにする食事や、適度な運動が有効であることも多いですが、重症になると、薬の内服は効果があります。

メタボリック・シンドロームについて

糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、内蔵型肥満、高血圧症を合併すると、動脈硬化の進行を促進し、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)の発症するリスクを高めます。

禁煙について

忍耐
タバコは、動脈硬化や、それからくる虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)の原因となります。また、肺がん、胃がん、喉頭がん、咽頭がんなどの、がんの原因にもなります。できれば禁煙することが、健康長寿のための秘訣です。

老年内科について

老年期は、実りの時期であると同時に、いろいろな疾患が現れる年代でもあります。高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風、または、がんなどの生活習慣病、骨粗鬆症などの運動器疾患、または、精神神経機能の疾患である認知症などです。特にいえるのは、早期発見、早期治療することにより、より健康で長寿な人生を、生き生きと楽しむことができるのであるということと、私は考えております。それで、患者様に健康で長生きを楽しんでいただきたいとの願いをこめて、当院では、内科に加えて、「老年内科」を、標榜させていただきました。

骨粗鬆症について

骨の中のカルシウムが減少して、骨がスカスカに鬆(す)が入った状態になる病気です。ビタミンD、ビスフォスフォネートなどが治療で用いられるお薬です。
腰痛や、背部痛で発症することが多く、足の太ももの骨折の原因になりやすいです。

老人の心理について

老人
お年よりは、何をするにも時間がかかる、といわれますが、結構せっかちな人もいます。高齢になると、自分は自分とはっきり割り切っていらっしゃる方が多いですので、患者様ご本人のニーズに適合した医療が最も適切だと考えております。うつや認知症を発症した患者様ではそうとばかりも言えません。医師やスタッフが意志の促しをサポートしなければならないことも、ままあります。そのあたりは、私も、日常臨床の中、日々切磋琢磨して学ばせていただいている途上なのです。